うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】

サイトメニュー

予防策を行う

医者

病気を抑える予防方法

うつ病を発症する人が増えている現代社会、予防を行うための対策は普段の生活の中で行うことができます。うつ病は、思考の働きが弱っていることから発症しやすくなります。予防するためには、思考の働きを普段からよくするために、脳を活性化させる栄養成分を積極的に摂取することです。それに良いのが、オメガ3脂肪酸という成分です。オメガ3脂肪酸とは不飽和脂肪酸の1種で、摂取することで脳内神経細胞の1種であるセロトニンの分泌を行い、脳を活性化させる効果を与えます。セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、脳内に分泌させることでストレスを軽減させる効果があり、そのつながりからうつ病を予防することができます。うつ病はセロトニンが不足しているときにストレスをため込んでしまい、発症するケースが多くあります。セロトニンが不足することでため込んだストレスを発散することができず、緊張感や不安感が徐々に強くなって心身ともに耐えることができなくなります。その影響から睡眠不足となるほか、疲労感で元気を出せずに毎日を過ごすことになります。そうならないようにするためにも、普段からオメガ3脂肪酸を摂取することはとても大事な予防法となります。オメガ3脂肪酸は主に、アマニ油やえごま油、クルミ、青魚に含まれています。家族や仕事仲間などがうつ病を発するなど考えたくないと感じる人もいれば、いったいどのように発症するのかわからない人もいます。まさか自分の身近にいる人がうつ病になるなど考えもしないかもしれません。しかしうつ病は、誰もがなる可能性のある病気なので注意が必要です。そしてそれは突然発症するものではなく、なにかしらシグナルがあります。たとえば、最近ため息ばかりついている、嘆くことが増えている、笑顔が消えている、泣くことが増えた又はイライラすることが増えた、口数が普段よりも減っているなど、ほかにもいろんなシグナルがあります。しかし、それまでうつ病を経験したことがない人やうつ病のことを深く知らない人は、「時間が過ぎればいつも通りになるだろう」と考えてしまうことがあります。しかし、その考え方をしてしまったことで気にする必要はありません。人は誰しもそう考えてしまうもので、一時的なものとしてとらえてしまいます。もし嘆きや落ち込みなど、その状態が2週間以上続いた場合は症状を疑ってもよいかもしれません。もし、身近な人が発症している可能性を感じればどうすればよいのでしょう。それは、施設や相談所など相談できる場所に相談すること、または病院に一緒に行くことが1つの手段となります。

Copyright© 2018 うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】 All Rights Reserved.