うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】

サイトメニュー

克服には周りの支えが大事

男性

絆づくりが第一歩

治療に専念するにも、外因性と内因性によって治療法も違いますし、精神科・心療内科以外に、優良な医療機関はないものかと、探す人もいるでしょう。病院に対する不満を聞きますが、その多くはコミュニケーション不足や相性の悪さから起きています。当然ながら、患者に対する完治させたい感情が深ければ深いほど、病院全体の質は上がります。病院によって、また、同じ病院でも担当医によって、うつ病への考え方や人柄、スキルという点では格差があることも事実です。ですから、優良の病院を見つけることは簡単ではありません。国の調査によれば、うつ病患者数は百万人を超えていて、誰でも発症する可能性のある病気です。ですから現在、療養中であったり、回復したりした人が周りにいる可能性は十分あるはずですから、そうした人から聞いた情報ほど信頼できるものはありません。もし、ご自身の知人で満足した治療を行えたという幸せな人がいたら、そこを紹介してもらいましょう。ですが、最終的に優良なのかの基準は、やはり直接見に行くことです。うつ病かもしれないなら、検査機器・設備の整っている病院を重視するでしょう。それは、外因性に限っての話しで、内因性や心因性で重視すべきは本人とのフィーリングです。初めてのことばかりだからこそ、プロとして親身になる医師が必要です。それだけ責任も生じます。私ならこうします、というセリフが出てくる医師は、それだけ信用できるということになります。うつ病の病型には、最も典型的なメランコリー型をはじめ、非定型や季節型、産後うつなどがあります。少子高齢化、結婚に対する意識の変化、血縁社会の崩壊などから、無縁社会が問題化されています。うつ病は、早期発見・早期治療で必ず治る病気ですが、そのサインを見過ごされるケースというのも問題なのです。家族の絆や繋がりが今、試されているのは事実で、治療も一人では多難となるなど、一人で生きていくこともできません。声をかけることで、うつだと言い出しづらい本人には救いになります。ベストパートナーとなる専門医だけでなく、多かれ少なかれ、家族や社会と関わりながら治療を進めていきます。迷惑をかけたり、悲しい状況だったりもあるでしょうし、一時的にでも楽しいことや嬉しいこともあるでしょう。それがうつ病の症状ですし、気分には波があります。だから、様々なことを共有・共感し、病院との縁も大事にし、繋がり重視で治療をはじめなければならない病気であると言えます。そのため、医療機関によって家族参加型のセミナーや集会も随時開催されていて、誰もが参加可能です。恥ずかしいことでも、隠すことでもありません。医師やカウンセラーが主催するケースが大半ですから、安心して情報の共有・共感もできます。

Copyright© 2018 うつ病治療に大切なコト【良い病院選びも大事なこと】 All Rights Reserved.